JCMNにようこそ

関東CN徳島CN中国コーチングネットワーク

更新日 2016-06-08 | 作成日 2009-11-02

JCMNの新体制について

2014年1月
 JCMNは1998年発足以来、御国の拡大のため、日本のキリストのからだの一致のためにネットワークを築き、広めて参りました。近年は「コーチングネットワーク」の働きをもとに、聖書的な本質に基づいた教会の建て上げ、キリストの弟子の育成、宣教への取り組みを進め、全国の約100の教会の牧師、宣教師、信徒リーダーの方々が参加してくださっています。
ところで、2011年からコーディネーターとして諸教会に仕えてくださってきた浜崎先生が、その役から退かれることになりました。JCMNサポートチームでは、2007年からスタッフとして仕えてきた津倉兄を次のコーディネーターとして推薦することにし、今月行われた「新年ネットワーク会議」にて承認されました。浜崎先生も引き続きサポートチームの一員として関わり続けていかれます。
 また、コーチングネットワークや宣教の働きに積極的に関わっておられる信徒リーダーの方々を中心に「JCMNバックアップチーム」も立ち上げることになりました。今後は、牧師を中心とした「サポートチーム」と、信徒リーダーを中心とした「バックアップチーム」とが連携しながら、より効果的に諸教会に仕え、宣教の働きを進めていきたいと願っております。
 今年からJCMNは一つ一つの働きの質を高めて、アップグレードしていきます。皆様のご協力、ご支援を今後ともよろしくお願いいたします。
栄光在主
JCMNサポートチーム(津倉 茂、浜崎英一、水村光義、酒匂一己、額田 浩、渡辺 亨、横田義弥、張マイケル)

JCMN事務局 
〒352‐0032 埼玉県新座市3丁目9‐31 清瀬グレースチャペル内 
TEL&FAX: 042-493-4470 Eメール: office-07@jcmn.net

郵便振替口座番号: 00830-6-61768  加入者名: JCMN事務局
(指定献金の場合は記入欄に「東北支援」 「フィリピン支援」 「パキスタン支援」等とお書きください)

JCMNとは

W_Help.gif

VISION

W_Camera.gifJCMNの目指すこと/教会の7つの本質

MISSION

About.png私たちの役割(準備中)

JCMNサミット

W_Earth.gifJCMN Summit2011のお知らせ

YOUTH

W_Sound.gifJCMN YOUTH WORKER'S NETWORK

中四国コーチングネットワーク

W_HomeA.gif
中四国地域のコーチングネットワークのサイトです。

LINK

W_World.gif各地域のネットワークの教会です。

関東コーチングネットワーク

W_HomeA.gif
東京・神奈川・埼玉・千葉・栃木・茨城

おもなスケジュール

2016年

関東コーチング 4/21(水) 清瀬グレースチャペル
「バイブル・ストーリーによる伝道」研修ワークショップ 4/22(木) 清瀬グレースチャペル





CCMNグローバルサミット2014Doticon_red_NEW.gif

LinkIconサミット2014案内書(PDF)

パキスタンのクリスチャンたちの支援

LinkIconパキスタンへの支援(PDF)

フィリピン災害支援

LinkIconフィリピンの洪水支援1
LinkIconフィリピンの洪水支援2

宣教マガジン:ミッションウォーカー

LinkIcon2011年10月(PDF)
LinkIcon2011年12月(PDF)
LinkIcon2012年3月(PDF)

メンターとして仕える


2011年2月に印刷した第1版が売り切れたため、10月に増刷しました。ぜひご注文ください。

出版に寄せて:小笠原 孝
(JCMNアドバイザー、練馬グレースチャペル牧師)

 ベン・ウォン師はメンターとして仕えることが他の人の人生に永続的な変化をもたらす人生最高の生き方であると  提示しています。(中略) しかし「メンター」ということばで「特別にすぐれた人」が意味されているのではなく、すべての人がメンタリングを受け、すべての人がメンタリングしていくという、まさしく万人祭司のあり方がここには描かれています。したがってこの本は牧師が信徒を育てるためにだけでなく、むしろ信徒が信徒を育てていくために、その動機づけ、聖書的裏付け、経験に満ちた実証、そしてその実際的な適用等、万全を期した本といえます。ベン師が生涯をかけて教会の中で、香港で、世界で、学び、実践し、経験し、身につけてきたものを、この本をとおして私たちも身につけることができたら何と幸いでしょう。

「『自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、わたしのために自分のいのちを失う者は、それを救うのです。』 (ルカ9:24)すべてのクリスチャンは、その生涯のどの時点においても、信仰の旅路を導いてくれる人が必要です。 これは、神の子として歩み始めてからの数年間においては、特に重要です。他の人たちの導き手となるなら、あなたはやがて自分のいのちを得るとイエス様は約束しておられます。人生における最も大きな祝福の一つは、他の人たちが祝福されるために自分のいのちを捨てることなのです。」(本文より) 

LinkIconご注文

JCMN Summit2011